ribbon

【契約者しか知らない!】キレイモとエピレを徹底分析

投稿日:2018年10月19日 更新日:

今、全国チェーン店の脱毛サロンで最も人気のあるキレイモ。そして同じぐらいその人気と知名度が上がってきたエピレ。エピレは、皆様ご存じ名門エステのTBCが脱毛専門の姉妹ブランドとして新リリースしたサロンです。どちらも現在脱毛サロンとしては、かなりの人気を誇っています。

しかし単なる人気と評判だけに釣られることとなく、実際に全身脱毛などの長期間にわたるコース組みをして通おうと検討した場合、料金以外に通いやすさなどあらゆる事を考慮してコースを選びたいものです。

今回は、キレイモVSエピレ両社の全身脱毛を「パック制」で契約した場合の公式にも掲載していない「契約者しか知らない」リアル情報を踏まえ、徹底比較してまいります。

キレイモVSエピレ全身脱毛回数パック制比較表

キレイモ エピレ
プラン名 全身スリムアップ脱毛33か所 6回コース 全身セレクト脱毛24箇所 6回コース
施術料金 ¥114,000 ¥176,100
施術範囲 1回の来店時で全身まるごと(顔・VIO込) 全身30部位から24部位を選択(全身まるごとではない)
予約方法 コールセンター・Web予約 コールセンター・Web予約
解約規定 2回来店以降 いつでも可
希望の1ヵ月前に申し出る
いつでも可
解約手数料 10%手数料有り 10%手数料有り
シェービング代 剃り残しのみ ¥1,000 シェービングは一切行わない。剃り残しは施術拒否。
ジェル ジェル無し ジェル有り
施術時間の目安 90分 2時間半~3時間
脱毛機の種類 IPL国産脱毛機piel TBCオリジナル機
サービス付加価値 ・脱毛しながら痩せれるスリム アップサービス付き
・フォトフェイシャル切り替え可
・施術後のアウターケアはすべて別途有料
店舗移動 可能 可能

こちらは、キレイモと脱毛ラボの全身脱毛まるごとコースを「回数パック制」で通った場合を例に両サロン個々の比較項目を一覧にしたものです。

太字の箇所は、全身脱毛月額で通うにあたりユーザーが重視する箇所の部分です。それでは、各項目ごとに契約規定を検証していきましょう。

キレイモVSエピレ 全身脱毛6回回数パックコースの料金は?

キレイモの全身脱毛・エピレの全身脱毛共にプランの呼び名・施術箇所数は違いますが、これは単純にサロン独自の施術部位分け方法が異なり、また、エピレをここで紹介させて頂いているコースは「全身まるごと」ではありませんので、ご注意くださいませ。

全身脱毛6回 回数パック制 料金

キレイモ エピレ
プラン名 全身スリムアップ脱毛33か所 6回コース 全身セレクト脱毛24箇所 6回コース
施術料金 ¥114,000 ¥176,100
施術範囲 1回の来店時で全身まるごと(顔・VIO込) 全身30部位から24部位を選択(全身まるごとではない)

冒頭で申し上げましたように、エピレはTBCの姉妹ブランドになり、使用機械も施術方法もTBCとまったく同等のサービスが受けられる内容になります。しかし、さすがに天下のTBC、料金もそれなりいえもしかしてTBCの質を考えるとかなりお安く提供している方の料金設定なのでしょうが、これは「全身まるごと」ではありません。
キレイモのこのコースは「全身まるごと」ですので、両プランを単純比較するとエピレですべて賄うにはさらなる予算が必要になります。

全身30部位から24部位を選択する方式ですので、ある程度これまで脱毛をされた事のある方で、あと残り6回ほどを日本最上クラスのクオリティで施術したいという方にはエピレは良いかもしれません。

しかし、「リーズナブルに全身をまるごと脱毛したい!」という方には、やはりキレイモのリーズナブルな料金設定で通いたくなりますよね。

キレイモVSエピレ 全身脱毛パック制 シェービング代事情は?

キレイモとエピレ、それぞれシェービング代に関してはどういう規定になっているのでしょうか。個々に確認してみましょう。

全身脱毛回数制シェービング代

キレイモ エピレ
シェービング代 剃り残しのみ ¥1,000 シェービングは一切行わない。剃り残しは施術拒否。

キレイモでは基本的に顧客側で事前処理をしてくることになっており、当日剃り残しが見受けられた場合は、回数パックの場合は、無料でスタッフが剃り残しをシェービングしてくれます。

エピレの場合は、基本マニュアルがTBCと全く同じため、これは大手サロン特有の考え方になりますが、シェービングサービスは本来、免許が別途必要になるため、届け出が必要な施術行為を行わない事にしているのです。ゆえにエピレでは、「剃り残し」が少しでも施術当日に確認された場合は、その日は施術をしてもらえない事になってしまいます。

法律的なルールとしては、TBC・エピレのマニュアルが本来の形ではあるのですが、ここから先のお話になりますと単なる「顧客への融通」、「顧客へのサービス」というカテゴリーになってしまいます。ですからしっかりとした企業としての方針に添っているのはTBC・エピレに違いはありませんが、単に全身脱毛をして欲しくて通っているお客側のニーズを考えるとキレイモの方が「顧客第一主義」といえます。

また、慣れないうちだったり、ついうっかり剃り残してしまう場合にいちいち施術ができなくて帰らないといけないというのも空しい限りです。単純な「利便性」としてもやはりキレイモの方がそういった部分に関しては安心ですよね。

キレイモVSエピレ 全身脱毛パック その他サービスは?

キレイモVSエピレ、脱毛に通うにあたり、その外付加価値サービスとはどのようなものがあるのでしょうか?

全身脱毛回数制その他付加価値は?

キレイモ エピレ
サービス付加価値 ・脱毛しながら痩せれるスリム アップサービス付き
・フォトフェイシャル切り替え可
・施術後のアウターケアはすべて別途有料

エピレは、さすがにTBC系列店だけあって、照射後のアフターケアーのメニューは色々数えきれないほどありますが、これらはすべて「有料オプション」になっており、コース料金とは別途のサービスになります。最低限保湿はして欲しいぐらいですが、1回につき\5,000ほどかかりますので、ご予算重視の方には不向きかもしれません。

キレイモは独自の「スリムアップジェル」を施術後に塗布してくれますので、脱毛しながら瘦せられるという一挙両得のメリットがあり、また回数パックで契約した方には、顔脱毛をフォトフェイシャルに切り替えてくれる嬉しいサービスも付いてくれていますので、これでもかと至られりつくせりのプランと言えますね。

まとめ

いかがでしたか?キレイモとエピレ、この人気2サロンを単なる料金面だけでなく、付加価値サービス、シェービング代など「リアルに通った場合」の契約内容をご紹介しました。
総合的に考えると料金以外のどれをとってもキレイモが、「通いやすさ」で優位と言えますね。さあ、今すぐキレイモへカウンセリングを予約しましょう。

キレイモ カウンセリングご予約

ページトップへ

Copyright© 脱毛 ドコイコ , 2019 AllRights Reserved.