ribbon

【契約者しか知らない!】キレイモと銀座カラーを徹底分析

投稿日:2018年10月19日 更新日:

今、全国チェーン店の脱毛サロンで最も人気を二分化するキレイモと銀座カラー。
どちらも今やかなりの人気サロンの為、両社を比較されている情報を目にしますが、公式サイトには詳しく情報が出ていない箇所も多く、ネット上の情報や口コミを多数見ても、何が本当の情報かよくわからず、「結局、どっちのサロンが良いのか?」という部分がなかなかわかりづらいものです。

今回は、キレイモVS銀座カラーの両社を単なるコース料金のみならず、予約方法、解約の場合の返金条件、施術方法などあらゆる側面から、「契約者しか知らない」リアル事情を徹底比較してまいります。

キレイモと銀座カラー 「全身脱毛通いたい放題」比較表

 

キレイモ 銀座カラー
プラン名 全身脱毛 通いたい放題 全身パーフェクト脱毛し放題
総額料金 ¥324,075 ¥382,000
契約期間 無期限(契約上5年) 2年+1年ごと更新
施術範囲 全身まるごと(顔・VIO込) 全身まるごと(顔・VIO込)
付加価値 フォトフェイシャル切り替え
スリプアップ・美白ケア選べる
保湿パックミスト込
予約変更期日 パックPは前日23:59(web)・21:00(電話) 前日19時まで(web・土日)・平日21時まで(電話のみ)
当日キャンセル料 1回消化(*) ¥2,000
予約方法 コールセンター・Web予約 コールセンター・Web予約
解約手数料 18回と換算して10%手数料 6回を超えたら解約返金不可
シェービング代 剃り残しのみ ほぼ無料 ¥3,000(スペシャルコース)
ジェル ジェル無し ジェル有り
施術時間の目安 90分 90分
学割 有り 有り
脱毛機の種類 IPL国産脱毛機piel IPL銀座カラーオリジナル機
店舗移動 可能 可能

こちらは、キレイモと銀座カラーの類似コース内容である「全身脱毛通いたい放題」を例に、両サロン個々の比較項目を一覧にしたものです。

太字の箇所は、全身脱毛を契約するにあたりユーザーが最も重要視する点です。これを見てますと肝心な料金以外もキレイモの優勢が目立ちますね。

全身脱毛はいざ通うと決めたら、2年3年通わなければ完了までいかない長期戦です。たった数万円の料金差だけで簡単にそのサロンにするか決められるものではないですよね。では各項目別に詳しくこの両社の違いを比較してみましょう。

キレイモVS銀座カラー 全身脱毛通い放題の料金差は?

自分が納得いくまでとことん全身脱毛に通えることで、すっかり人気の通い放題コース。
キレイモ・銀座カラー、いったいどっちがお得なのかと公式サイトを見てみたところ...キレイモの全身は「全身まるごと33か所、お顔もまるごと」ときちんと記載があるので非常にわかりやすいですが、銀座カラーの公式には全身脱毛の種類が多すぎて、キレイモと全く同じ「全身まるごと施術」を銀座カラーで申し込んだ場合、いったいいくらで受けられるのかが、非常にわかりづらいですね。そこで銀座カラーでの契約者に、実際の該当コースの料金を確認してみましたら、以下のような結果となりました。

全身脱毛通いたい放題(VIO・全顔込料金)料金

キレイモ 銀座カラー
料金 ¥324,075 ¥290,050+顔脱毛料金=¥382,000
施術部位  全身まるごと(顔・VIO込) 顔脱毛料金を通常料金でプラス

銀座カラーの「全身パーフェクト脱毛し放題」は公式サイトに¥290,050と記載がありますが、これには全顔が含まれていません。全顔を付けて欲しいと希望する場合は、全顔のみを通常料金に近い料金でプラスしてもらう必要があり、これを付加してコースを組んだ場合の総額が¥382,000となります。

ご覧頂いている通り、料金の総額の安さは圧倒的にキレイモの方が安価ですが、それに加え、元々の全身脱毛コース料金にわざわざ別料金を払って「全顔」をプラスしなくてはならない...という行為がなんとなくお得感に欠けてしまいますよね?料金+料金設定方法・コース設定方法を含めて総合的に考えてもキレイモ優勢です。

キレイモVS銀座カラー 予約キャンセル料や解約方法とは?

脱毛サロンで高額な全身脱毛を契約する際、もっとも気になるのが「予約キャンセル規定」と「解約規定」の2つですよね?

キャンセル料などは、コースを通い始めの時は「もったいないから絶対にキャンセル料とか取られないようにしなきゃ!」と意気込むものですが、脱毛は2ケ月後の来店予約など、比較的「先行きの日程の予約」を取らなくてはならない為、意外にそんな先の予定のことまできちんとご自身が調整できなかったり、当日にいきなり生理になってしまったりとなかなか思うようにいかないことが出てきます。こういった際、その度に高額なキャンセル料をいちいち請求されるサロンであれば、いくら元々のコース料金が安くてもキャンセル料が嵩んでしまうと、結果的に出費がかかってしまいます。 

では改めて両サロンの予約変更・当日キャンセル規定を今一度見てみましょう。

キレイモ 銀座カラー
予約変更期日 パックPは前日23:59(web)・21:00(電話) 前日19時まで(web・土日)・平日21時まで(電話のみ)
当日キャンセル料 1回消化(*) ¥2,000

脱毛サロンでキャンセル料が発生した場合の般的な徴収方法は、「一回消化」または「数千円の実費」で取られる事がほとんどです。

この点に関してキレイモでは、「一回消化」、銀座カラーは「¥2000の実費」となっていますが、「そもそも全身脱毛通い放題なんだから一回消化とか関係ないじゃない?」とツッコミを入れてしまいたくなりそうですが、キレイモの場合は、この全身通い放題コースを契約書の書面上は、コース回数を18回と設定しており、仮にこのコースを途中で解約した場合、当日キャンセル分の「一回消化分」はきちんと差し引かれることになっています。

要するにキレイモの場合、「どんなことがあっても絶対にコースを解約せず、本当に18回を超えて通いたい放題してみせる!」と固く決めている方であれば、実質「キャンセル料無料」となるのです。よっぽどの事がなければコースを解約しない方には、キレイモの方がダントツお得と言えます!

次に、両社のコースを万が一「解約」した場合の条件・「契約期間」の違いをそれぞれ見ていきましょう。

キレイモ 銀座カラー
解約手数料 18回と換算して10%手数料 6回を超えたら解約返金不可
契約期間 無期限(契約上5年) 2年+1年ごと更新

脱毛サロンに長期間通っている間には、ご自身の環境の変化などに伴い、どうしても途中で通えなくなるケースも多々出てきますよね。それだけでなく、残念ながら通っているサロンの対応に何らかの不満が出てきてしまい、やむなく解約したくなる可能性もあります。このようにコースに通っている間に何が起こるかわからない点を含めますと、解約するときの条件は、全身脱毛の契約をお考えの方には大変重要な事と言えるでしょう。 

では改めて、キレイモと銀座カラー、「解約時の規約」の比較箇所をご覧ください。随分と両社に差が有ることがお分かり頂けます。まず、キレイモの解約条件は前述の項とほぼ同じ、通い放題を18回で設定し、途中解約した場合は消化回数と10%の手数料を差し引いたその残額を差し引きで返金してくれる、いたってシンプルな規約です。

それに引き換え銀座カラーの場合は、「脱毛し放題コース」で契約した場合、契約書上は「6回コース」の設定となっており、「6回目以降は実質銀座カラー側のサービス・アフターフォローという前提で施術を行っています」というスタンスを取っています。つまり契約書に予め謳ってある6回までは解約に応じる義務はあるけど、残りは契約書には謳っていないから返金することはできませんよ~ということです。

またもう1点忘れてはならないのが、コースの「契約期間」についてです。一見すると、「通い放題」=無期限でいつまでも通い続けられるとお考えがちですが、よくよく確認しますと、そういった意味ではありません。

どちらのサロンも一応の「契約期間」というのが決められており、その期間は「通い放題」ということです。この契約期間に関しては銀座カラーは、契約書上は2年間あと+1年間はアフターフォローというスタンスを取っています。つまりきちんとマメに通えば3年間は通えますが、2年通ったあとの最終来店日より1年間来店がなかった場合は、その契約は終了となります。つまり銀座カラーの場合は、「実質3年以内にこのコースを終了してください」ということですね。
脱毛は通常3年18回通えばほぼ完了に近づきますので、要するに銀座カラーの場合は、「通い放題」というよりは、実質18回コースを組んだ想定とあまり大差がない事になります。

この点はキレイモも「通い放題は無期限」としながら公式サイトには謳っていることではありませんが、通い放題の契約期間は実質5年と定められています。つまり契約期間は存在するんですね。しかし脱毛完了に5年もかかりませんから、そういった意味では5年間も有効期限を設けてくれれば十分と言えます。結果、解約方法、契約期間のどちらを取ってもキレイモの方がユーザーにとっては良心的ということになりますね。

キレイモVS銀座カラー 全身脱毛通い放題その他の付加価値サービスは?

全身脱毛通い放題は、どこのサロンにとっても一番の高額を払わなければならないコースですので、そのサロンに通う事で得られる「何かしらの付加サービス」を期待したいところですよね。どちらのサロンも全身脱毛施術中に、お体への「パックサービス」を実施していますが、銀座カラーの場合は独自の「ミストケア(保湿パック)」を付けてくれます。
キレイモは、このキレイモ独自の付加サービスも大変充実しておりその主な内容が以下2点になります。

*キレイモ全身脱毛通い放題 その他サービス特典
① 施術中のパックを「スリムアップパック」or「美白パック」の選択が可能
② 顔脱毛がいつでも「フォトフェイシャル」に切り替え可能

① 施術中のパックを「スリムアップパック」or「美白パック」の選択が可能

施術中のお体への保湿パックはどこのサロンでも通常行ってくれるところが多いですが、キレイモの施術パックは「スリムアップ」または「美白パック」と、顧客の希望に添って、2種類のパックが選べちゃうのです。特に塗布するだけでお体のサイズダウンが本当に実現できたと評判の「スリムアップパック」は、今ではキレイモの看板メニューとなっているほど人気があります。脱毛しながらスリムになれてしまえるなんて、まさに一石二鳥ですね。

② 顔脱毛がいつでも「フォトフェイシャル」に切り替え可能

皆様「フォトフェイシャル」はご存じでしょうか?お顔のタルミ・シミ・シワ・ニキビ・くすみ・お肌の活性化・弾力などの肌回復を特殊な光をあてることで、ケアできる機械を使ったフェイシャルメニューでクリニックやお顔ケア専門のエステなどでは非常に高額な施術です。キレイモは、このフォトフェイシャルをいつでも事前予約なしに顔脱毛→フォトフェイシャルに切り替え自由という大変うれしいサービスを提供しています。仮に脱毛が完了しても、5年間の契約期間の間にこのフォトだけに通うという選択肢も考えられますから、お顔のケアも契約期間の間に受けることができるという点は、本当にうれしい限りです。ただでさえ通い放題は嬉しいコースなのにも関わらず、こんなに色々なサービスを付けてもらえるなんて、キレイモ大丈夫?とおもわず言ってしまいたくなりますが、これも顧客第一主義のキレイモさんのありがたい企業努力と言えます。

まとめ

今回は、キレイモVS銀座カラーの「全身脱毛通い放題」を例に比較してみましたがいかがでしたか?ただの表面的な料金差だけでなく、キレイモの契約ユーザー側への細かい配慮を確認できた気がしますね。全身脱毛の契約に悩んでおられる皆様、目で見るより今度は行動です!良心的なスタンスのキレイモに、ぜひカウンセリングに行ってみられてはいかがでしょうか?

キレイモ カウンセリングご予約

ページトップへ

Copyright© 脱毛 ドコイコ , 2019 AllRights Reserved.