ribbon

シースリーの脱毛の痛みは?部位別の痛みを公開

投稿日:2018年11月10日 更新日:

きれいになるためとはいえ、痛みが強い脱毛では通いたいと思いませんよね。

特に、人よりも痛みに弱い場合、どのくらい痛いのか・土の個所が一番痛いのか、気になる所です。脱毛サロンの中でも、特に痛みを感じないのがシースリーだといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?

痛くない理由や部位によっての違いなど、シースリーの痛みについて調べてみました。

シースリーの痛みに関する口コミ

「シースリーの痛みは強い?」「どのくらいなら我慢できそうか」と言った悩みや疑問を抱えている方は少なくありません。

実際、シースリーの脱毛での痛みが気になるという悩みは、Yahoo!知恵袋にも多く投稿されています。今回はその中でも特に多く質問が寄せられている内容についてまとめました。

シースリーの痛み ~不安な口コミ~

シースリーに通っている友人は、痛みはほとんどないといわれています。本当なのでしょうか?

痛みの感覚は人それぞれです。そのため、一概には言えない部分もありますが、シースリーで採用されている脱毛器は最新のもので、痛みがほとんど感じないタイプです。冷却しながら光を当てることができるので、強い痛みを感じることは少ないでしょう。

冷却ジェルも必要ないので、冷たいジェルが苦手だという方でも安心して施術を受けることができます。そのため、痛みに弱い方や冷たいジェルが苦手な人におすすめです。

シースリーの痛み ~不安な口コミ~

シースリーでVIO脱毛を考えているのですが、特に痛みが強い場所と聞いて怖いです、大丈夫でしょうか?

VIOは、皮膚が薄く、毛根が強い場所のため、人によっては強い痛みを感じてしまいます。特に、Iゾーンは粘膜にも近いため、強い痛みを感じます。

シースリーの脱毛では、そういった痛みが強い場所にも対応できるよう作られているので、痛みを感じた場合は照射の強さを変えることが可能です。怖い場合は、照射レベルを調整してもらいましょう。

シースリーの脱毛が痛みを軽減する方法とは

シースリーの脱毛が痛くない理由はいくつかありますが、それには利用されている脱毛器が大きく関係しています。シースリーでは、日本人の肌質に合った照射を行うことができる脱毛器を採用しているのです。

そのため、ヘッド部分に特殊な機能が付いており、冷却ジェルに頼ることなく肌を冷やすことができます。冷やしながら光を当てることができるので、痛みを最小限に抑えることができ、不快感や不安を一気に解消させることができます。

一瞬「冷たい」と感じた時にはもう照射が完了しているので、痛みではなく冷却を感じますが、不快なものではないので安心してください。

また、冷却ジェルを塗ったときの寒さも感じないので、楽に施術を完了させることができます。

部位別の痛みについて

毛の深さ・皮膚の薄さによって痛みは異なります。人の身体は、皮膚の薄さなども一定ではありませんので、脇やデリケートゾーンなどは特に痛みが感じやすい部位になっています。

特にIラインや脇やフラッシュによっては強い痛みを感じることが多いです。同様に、脚や手の甲も痛みを感じる場合があるので、施術の際はスタッフにすぐ申し出るようにしましょう。

シースリーの脱毛効果について

シースリーの脱毛効果は、基本的に他のサロンと違いはありません。

  脱毛効果の表れ方
13回目 まだまだ脱毛効果を実感できない人がほとんど。
自己処理も1週間に1回の頻度で必要。
48回目 毛量が減ったり、生えてくるスピードが遅くなったなど、何かしらの脱毛効果を実感する人が増える。
912回目 自己処理の必要性を感じなくなる人が多くなる。
ただ、産毛などがまだ残っている状態。
13回以上 産毛もない、ツルスベ肌に仕上がる。

大体の人が、10回から12回程度で満足しています。

まとめ

シースリーの脱毛では、照射とともに体を冷やす機能がついているため、痛みをそこまで感じることが無いよう工夫されています。

そのため、他サロンよりも痛みを感じにくく、快適に施術を受けることができるようになっています。

「強い痛みがあるのは苦手」「冷却ジェルが苦手」という方には、とても嬉しい情報です。ジェルが苦手な方でも安心して施術することができるので、楽に脱毛を完了させることができます。

  • ・痛みで脱毛をやめた経験がある
  • ・痛みに誰よりも弱い
  • ・冷却ジェルが苦手
  • ・脱毛を簡単に済ませたい

こんな方に、シースリーの脱毛は非常におすすめです。

ページトップへ

Copyright© 脱毛 ドコイコ , 2019 AllRights Reserved.