ribbon

脱毛を始める前に知っておこう!エステ脱毛と医療脱毛の違いとは

投稿日:2018年10月19日 更新日:

脱毛価格の相場もぐっと下がっている近年、ムダ毛の処理をカミソリや除毛クリームなどの自己処理で済ませず、エステサロンやクリニックなどで脱毛をする人が増えています。
ですが同じ「ムダ毛の脱毛」でも、エステ脱毛と医療脱毛はまったく異なるものです。今回は、脱毛未経験者の人は意外と知らない「エステ脱毛と医療脱毛の違い」について解説します。

痛みの少なさが魅力の「エステ脱毛」

いわゆる脱毛エステサロンで主流の脱毛方法が「光脱毛」といわれる脱毛方法です。光脱毛は大きく分けて従来式の「IPL方式」、最新式の「SHR方式」の二種類に分かれます。いずれも「肌に光を照射することで脱毛効果を発揮する」タイプの脱毛マシンではありますが、脱毛できるメカニズムが異なります。

光脱毛(IPL方式)の特徴って?

IPL方式の光脱毛は、黒色(メラニン色素)に反応する特殊な光を肌に照射することで、毛根にダメージを与えて脱毛をうながすというメカニズムの脱毛方法です。成長期の毛に効果を発揮するため、毛の生えかわり周期に合わせて2ヵ月に一度のペースで施術を受けるのが一般的。
脱毛完了までにかかる施術回数は部位によって異なりますが、脱毛が進みやすい部位で18回程度が平均です。2ヵ月に一度のペースで通った場合、3年程度の期間が必要になります。

光脱毛(IPL方式)のメリット

IPL方式の光脱毛で施術を受けるメリットは、なんといっても痛みが少なくお手頃価格で通えること。高熱の光を当てるので一瞬「はじかれたような痛み」を感じる人が多いのですが、それでも医療脱毛と比較するとはるかに痛みの程度は軽くて済みます。
また、施術1回あたりの価格も医療脱毛と比較すると安価にできるケースが多いので、月々のコストをおさえたい人にぴったりの脱毛方法といえるでしょう。

光脱毛(IPL方式)のデメリット

一方で、光脱毛(IPL方式)最大のデメリットは、ずばり「効果が目に見えて実感できるまでに時間がかかる」こと。光脱毛(IPL方式)の場合、毛が抜け始めるのは照射を受けてから3週間ほど先のこと。一度にごっそり抜けるわけではなく、入浴や着替え、睡眠時など、肌がこすれるときにはらはらと少しずつ抜け落ちていきますので、照射後は「これで本当に抜けるのだろうか」と不安を抱く人が少なくありません。
また「毛が減った気がする」と、脱毛効果を実感できるようになるまではおよそ6回前後の照射が必要と言われています。2ヵ月に一度のペースで施術を受けた場合、効果を実感しはじめるのは脱毛スタートから1年ほど経ったあと。即効性があるものではないので注意が必要です。

光脱毛(SHR方式)の特徴って?

続いて「SHR方式」と言われている光脱毛方法について解説します。特殊な光を当てる脱毛法という点ではIPL方式の脱毛と変わりませんが、SHR方式の場合、照射によって体温ほどの熱を毛穴の奥にじんわりと蓄えることで脱毛をうながす「蓄熱式」と呼ばれる方法が採用されています。成長期の毛に限らずアプローチすることができるので、毛の生えかわる周期にとらわれず脱毛できるのが特徴です。

光脱毛(SHR方式)のメリット

SHR方式の脱毛のメリットは、痛みがほぼゼロであること。IPL方式のように高い熱を加える施術法ではないので、刺激なく脱毛できる肌にやさしい脱毛といえるでしょう。脱毛エステのなかには「子どもの施術もOK」としているところもあるほど刺激がありません。IPL方式では脱毛できなかったほくろやあざのある部分、日焼け肌への脱毛もSHR方式なら脱毛OK。痛みの出やすいVIOにもおすすめの方法です。

光(SHR方式)のデメリット

SHR方式脱毛のデメリットは、IPL方式と同様「抜けている実感が得られるまで時間がかかる」こと。とはいえ、SHR方式の場合、毛周期にとらわれず脱毛することができるので、2週間に一度などハイペースで通えばスピーディーに脱毛完了することが可能です。
とはいえSHR方式の脱毛マシンを採用しているところはまだまだ少ないので、「通えるエリアにSHR方式を採用しているエステがない」というのもデメリットのひとつかもしれません。

少ない回数で確実に脱毛できる「医療脱毛」

医療脱毛とは、皮膚科や美容外科など医療機関で行われている脱毛の総称です。では、脱毛エステで行われている脱毛方法といったい何が異なるのでしょうか。

医療脱毛の特徴って?

医療脱毛は「医療用レーザー脱毛マシン」を使って行われます。脱毛できるメカニズムは脱毛エステで使われているIPL脱毛とほぼ同じですが、医療脱毛の場合は出力が高く、一回の照射で毛根(毛乳頭)を確実に破壊するため確実に脱毛することができます。毛根を破壊する施術は「医療行為」となり医療従事者にしかできないため、施術は資格をもった看護師が担当してくれます。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは、なんといっても確実に毛が抜けること。脱毛エステの場合、施術回数をかさねるまではなかなか脱毛効果が見られないのがデメリットですが、医療脱毛では施術のたびにはっきりと脱毛効果を確認することができます。脱毛完了までに通う回数も少なく、部位にもよりますが6回も通えばほぼ脱毛完了することができるので、短い期間で確実に脱毛を勧められることも大きなメリットといえるでしょう。
また、医療機関ですので、万が一肌トラブルが起こった場合のフォロー体制も万全です。

医療脱毛のデメリット

高い出力で確実に毛根を破壊する医療脱毛の場合、脱毛にはかなりの痛みがともないます。クリニックによっては麻酔を用意しているところもありますが、別途料金がかかるのが一般的です。
また、施術一回あたりの料金も脱毛エステと比較すると高額になりやすいので注意が必要。施術料金のほかに初診・再診料や投薬代を別途請求するクリニックも多いので、医療脱毛を受ける場合は予算を多めに考えておく必要があります。

まとめ

エステ脱毛も医療脱毛も一長一短。痛みに弱い人はSHR方式の脱毛を選ぶのがおすすめですし、とにかく即効性を求める人には医療脱毛がおすすめです。いずれの場合も一定の期間、何度も通う必要がありますので、通いやすいかどうか見極めるのが大切。無料カウンセリングや体験に行き、実際に雰囲気を確かめてから契約するようにしたいですね。

ページトップへ

Copyright© 脱毛 ドコイコ , 2019 AllRights Reserved.